健康のために | 健康的な身体にのまま理想の体型を作り上げるための方法

健康のために

お茶を入れる

年々、生活習慣病が増えています。

一口に生活習慣病と言ってもガン、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、高血圧、痛風、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどの疾患があります。 これら生活習慣病を発症する要因は様々ありますが、要因の1つであるコレステロールについて見ていきます。 コレステロールには善玉と悪玉があり、生活習慣病を発症させる原因となるのが悪玉コレステロールです。 悪玉コレステロールが増えるとコレステロールが血管の壁に蓄積してしまい、血液の流れを悪くして最悪の場合は血管を詰まらせてしまい、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化、脂質異常症などの生活習慣病を発症してしまいますが、自覚症状を感じる人が少ないため、日頃からの健康診断などが重要です。

それでは悪玉コレステロールが増えた場合の改善方法について説明します。

健康診断で悪玉コレステロールが高いと言われたら、疾患の発症がなければ基本的に運動、食事、生活習慣の見直しによってコレステロールを下げる方法になります。 まず運動は、ウォーキングや水中歩行、ヨガ、エアロビクス、軽いジョギングなどの有酸素運動が効果的です。 続いて食事ですが、サンマやイワシ、アジ、ブリ、サバ、マグロなどの青魚に含まれるDHAや大豆製品に含まれるレシチン、野菜やフルーツ、海藻類に含まれる食物繊維に悪玉コレステロールを下げる効果があります。その他にもお酢やポリフェノールも悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。 そして1番大事な生活習慣の見直しは、過度のアルコールの摂取、喫煙、ストレスが非常に悪影響を及ぼしますので、アルコール摂取を控えて禁煙し、ストレスを溜めない生活が悪玉コレステロールを下げる方法です。